情報漏洩対策は万全に

最近企業では情報漏洩対策にかなり力を入れ始めています。
専門の部署を置くところも出てきています。
というのも、残念なことですが最近産業スパイや悪質なコンピュータウイルスによって
企業の研究開発に関する情報や顧客情報が漏洩してしまい、
多大な損害を被るケースが増えているからです。
情報漏洩対策には大きく2つの方法があります。
一つは、物理的な対策です。
これはガードマンを雇ったり、
特定の情報に直接触れることができる人間を限定したり、
社員一人ひとりの情報管理意識を高めることにあります。
もう一つは対ウイスル対策として、WEBサイトのフィルタリング機能や、
スパムメールの自動削除等の専門のソフトウェアを導入することによって
予防する方法です。
また、企業内の重要な電子データを暗号化して管理しておくことも大切なことです。
最新の暗号化ソフトでは、パスワードレスで指定した開封権限のある物だけが
開封できるような仕組みが出来ていたり、データを外部に持ち出す際にも
データの追跡ができる機能がついているものも市販されています。
このようなシステムを定期的に見直すことで、
企業の重要な情報を守るということがこれからの情報化社会で生き残っていく上で
非常に重要な情報漏洩対策になります。http://www.daj.jp/

このページの先頭へ