手術不要の近視矯正オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは手術せずに近視を矯正する治療法です。
近視を矯正する方法としては眼鏡やコンタクトレンズあるいはレーシック手術などがあげられます。
しかしスポーツ選手など眼鏡やコンタクトレンズを不便に感じる方も多くおられるでしょう。
近年レーシック手術が視力回復する方法として認知されておりスポーツ選手にも手術を受ける方が多く出てきていますが角膜にレーザーを照射し角膜の曲率を変える手術法には依然として合併症や角膜感染症などのリスクがあります。
レーシック矯正手術を受けた人には航空機操縦士の受験資格がなかったり生命保険加入時のリスクの一つとしてみなされる場合もあります。
オルソケラトロジーは特殊なレンズの装着により角膜にクセをつけ目から入った光に正常な屈折がつくよう矯正するという仕組みです。
これによりレンズを外した後も一定時間視力回復が持続し個人差にもよりますが永続的な視力回復が実現する場合もあります。
就寝時間中にレンズを装着することができるため日中を視力回復した状態で過ごすこともでき、眼科医の定期的な診断を受けながらレンズ装着の効果を検査することになるので安心して治療に臨むことができます。
眼鏡やコンタクトレンズを避けたいがレーシックには不安があるという方は検討してみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ