老後に備えたリフォームを依頼しましょう

かなり古い住宅で生活している方々は、その住宅の機能性が老後の生活には合わない可能性を考えて、アフターホームにリフォームのお願いをしてみましょう。
住宅の中に和式トイレしか無いという家庭も日本には未だに多くて、その和式トイレで用を足そうとして、腰痛を起こしてしまった人も少なくありません。
老後になって腰痛を起こしてしまうと、しばらく歩けないまま筋肉が弱り続けてしまう可能性もあるからこそ、早期にトイレを洋式に変えてもらいましょう。
アフターホームであれば和式トイレのリフォームを行う際に、ただ洋式トイレを取り付けるだけでなく、手すりの取り付けなども提案してくれます。
洋式トイレであっても立ち上がる瞬間に、腰を痛めてしまう人が多いからこそ、腰痛対策としてトイレに手すりを取り付ける家庭も増加中です。
それだけで家庭内の事故を防げるのであれば、かなり安い費用だと思えるはずですから、アフターホームに一度相談をしてみましょう。
手すりの高さから素材の種類まで、細かいところまで話し合いを通じて決める事ができるので、心から納得した上で工事に移行してもらえます。
住宅内の一部の段差を取り除いてもらう工事でも、転倒事故を防ぐ事が可能なので、予算が余ったら追加で工事を依頼してみましょう。

このページの先頭へ