会社が出した不祥事で大きくイメージを損ねた

会社が出した不祥事で大きくイメージを損ねてしまった場合には、早めに正しい対処を取らなければ致命的です。
海外など訴訟が活発な国であったり、大企業などは、そういった自体を不安視しております。
その為、reputation-riskに対する対策をしっかりと取っております。
多くの企業で行っているのが、ネット上のリスクを説明し、情報共有を行う事です。
企業でも増えているのが入社後に、reputation-riskについての講義を受けてもらう事です。
最初に社会人の心構えと一緒に、reputation-riskについて教えてしまうのです。

従業員の方と同様に、経営者もreputation-riskについて学ばなければいけません。
パワハラやモラハラ、サービス残業の強要、休日出勤の強要、有給休暇が取れにくい雰囲気など、突っ込まれたら負けるリスクの多い環境を作らないという事です。
また、常日頃からステークホルダーに意見を伺い、トラブルが起きないように対策を取るようにします。

仮に会社が出した不祥事に触発され、嘘の情報などで風評被害が起きてしまった場合には、スピードガードのような、風評被害対策のスペシャリスト集団に依頼するようにしましょう。

https://speedguard.net/

このページの先頭へ