原料にこだわった、魂のにんにく卵黄

南九州に昔から伝わるにんにく卵黄ですが、各家庭で手作りされている伝統食だったことをご存知ですか?
一説によると西南戦争の際に兵隊が滋養食として携行していたとも言われるほどで、現地の人たちにとってはそれだけなじみの深いものであると同時に、スタミナをつけるために必要な食品だったことが分かります。
てまひま堂のにんにく卵黄は「本物であること」を理念とし、見た目にも食べても美味しい自社製品「229-55」を作り出しました。

使用している卵は、宮崎県霧島山麓のミネラル豊富な水で育ったニワトリの有精卵、にんにくは国内シェア80%を占める青森県上北郡のものを使用という徹底ぶりから、商品にかける誠実さが伺えます。
卵には食物繊維・ビタミンC以外の栄養素がすべて含まれており「完全栄養食品」とも言われ、特に栄養が多く含まれているのが卵黄です。
にんにくには疲労回復や免疫力の向上、冷え性の改善などの効果があり、可能であれば毎日摂取したい食品です。
それでも気になってしまうのは「におい」でしょうが、てまひま堂の「229-55」ならそんな心配もいりません。
二重コーティングカプセルを採用することで、本来胃で溶けるはずのカプセルは腸に届いてから溶ける仕組みになっています。
このためにんにく卵黄のにおいが胃から逆流することなく、さらに胃への負担も軽くなるのです。
栄養を豊富に含むこれらの原材料から作られたにんにく卵黄、効果がないわけがありませんよね。

https://www.temahimado.co.jp/ninniku.html

このページの先頭へ