面倒な面接管理は面接コボットに任せよう

定例業務の中でも面倒だとされるのが「人材募集」です。
中でも面接に関する業務は人材を募集するだけでは無く、その人材が自分の求めるものであるのかどうかを見定めなければいけません。
その上、自分の普段行なっている業務に加えて応募者の都合に合わせたスケジュール調整、連絡の確認などを行い、人材募集の担当者などと足並みを揃える必要があります。
そのため、人間が行う管理ではヒューマンエラーが発生してしまい二度手間が起こってしまうかもしれません。

そのような事態を避けるためにはRPAの存在が重要だと言われています。
RPAとはロボットに人間の仕事を任せるという考え方です。
「ロボットが行う仕事は不安」だという声もありますが、ロボットはプログラム通りにしか動きません。
そのため、予定を忘れたり自分の都合で間違った行動をする事がないため、むしろロボットの方がクオリティの高い仕事をすることもあります。

面接コボットはそんなRPAの特色を生かしたサービスとなっています。
応募者との連絡もチャットボットを利用して、担当者が希望する条件を満たした応募者にのみ面接の日程を送ります。
また、応募者が面接のどのステージにいるのかなどを可視化しているため非常に分かりやすいです。
このようなツールを使えば面接のような作業も捗ります。

このページの先頭へ