普通の住宅地にも多く出没。厄介な害獣退治はプロの業者に委託すべきです。

各地で続発する洪水や土砂崩れ、そしてゲリラ豪雨。
日本列島を取り巻く自然環境は劇的な転換期を迎えつつあります。
それを受けてか、最近は山から数多くの「獣」が住宅地に出没し始めています。
タヌキや猪、野生の犬、ハクビシン等、やや大型の哺乳類が現れ、各地で畑が荒らされる、人々が体当たりで怪我をする等のトラブルが発生しました。
一見、あまり賢そうに見えないそれらの害獣ですが、最近は人々に対する恐怖心を克服した動物が増えて来ていて、簡単な罠や音、光程度では追い払えなくなって来ました。
被害が一度や二度であれば、不運なトラブルとして我慢出来るかもしれません。
しかし二度、三度と害獣の無法な振る舞いに悩まされていては、平穏な市民生活が送れません。
また素人が仮に生け捕りをしても、最終的な処分先に苦慮しますので、下手に市民が罠等を設置するのもは避けたほうが良いでしょう。
それよりも必要なコストを支払い、害獣駆除業者の力を借りた方が得策です。
総合的な害獣駆除を行う業者に依頼すれば、自宅や田畑周辺に出没する、厄介者全てを駆除してもらえます。
地球温暖化の影響からか最近では普通の住宅地にも、数多く害獣が多く出没しますので、ご近所で問題になっている場合は、町内会の会議などで取り上げ、迅速に対策を講じましょう。

このページの先頭へ