交通事故の後遺障害には別に申請が必要です

交通事故で後遺障害が残った時にその認定を受けるとどんなメリットがあるか、あなたは知っていますか?
事故の被害にあった時に「治療費」「損害慰謝料」「入院費用」などは受けることができますが、障害が残ってしまった場合にはその認定を申請し、障害等級が認定されないと賠償額にその分の慰謝料を含めることが出来ません。
そのために後遺障害の認定を申請することはとても重要なことになってきます。

示談交渉を行っている間でも、被害者請求をしてその申請を行うことはできます。
しかし、診断書作成や医療データを揃えて書面審査で認定されるので、その内容に誤差が生じてしまう事も少なくありません。
そんな時に交通事故に詳しい弁護士にサポートをお願いすることで見逃してしまうような書面の精査を行うことができます。
専門知識を要する内容を代理で行ってくれるというのは被害者本人にもとても心強いものになることでしょう。

こういったサポートは障害をおった本人のこれからの生活にとってとても大切なことであり、出来る事なら、経験と実績のある弁護士に任せたいと思うのは当然のことです。
そういったときに「後遺障害サポートドットコム」の無料診断から相談してみるのはいかがでしょうか。

このページの先頭へ